ムダ毛の処理はとっても面倒くさい作業!でも女性にとっては身だしなみのうちの一つ…、
放置しておくわけにもいかないですよね~。
そんなアナタに嬉しいニュース!肌美人が教えてくれたお手頃な脱毛サロンをご紹介します★
気になるあの人と近づける季節が来る前に…、優良脱毛サロンであなたも今すぐすべすべの肌美人!!

脱毛人気サロン

脱毛はいつから始める?適切な年齢について

脱毛はいつから始める?適切な年齢について

年齢を問わず、女性には脱毛のニーズがあります。20代や30代であれば、ほとんどが自己処理か、エステサロンやクリニックで脱毛しているでしょう。では、10代以下でも脱毛して問題ないのでしょうか? 理想的なタイミングと注意点を紹介します。

まずはサロンに確認!年齢によるホルモンバランスを考慮しよう

ほとんどのエステサロンやクリニックでは、脱毛の明確な年齢制限を設けていません。ただし、基本的には高校生になってから施術することを勧めています。それまでは第二次性徴期にあたるからです。

性徴期の間はホルモンバランスが安定しないため、せっかく脱毛しても新たにムダ毛が生えてくる可能性があります。皮膚が未発達なので、大人よりも光やレーザーの痛みを強く感じます。皮脂の分泌が活発でニキビができやすく、施術後に化膿したり、施術そのものができない恐れもあります。

また光やレーザーは黒い色に反応するため、施術期間は日焼けができません。施術後は、肌が無防備になっているので、数日ほど紫外線を直に浴びないよう指導されます。学校の授業で外に出たり、遊ぶ機会の多い子供にとって行動を制限するのは難しいでしょう。

たとえ性徴期が終わって、ホルモンバランスが安定しても、未成年のうちは一人でエステサロンやクリニックと契約することはできません。民法の第5条では、未成年が法律行為(この場合は契約)をする時は、法定代理人(つまり親権者)の同意が必要と定められています。

脱毛には相応の費用が発生します。未成年が一方的に利益を得るわけではありません。もし契約して施術しても無効になるので、エステサロンやクリニック側が損します。そのため、すべてのエステサロンやクリニックでは、未成年者にあらかじめ親権者から同意を得るよう指示しているのです。

そう考えると、エステサロンやクリニックでの脱毛は、体が成長しきって金銭的にも自由になる20代から受けるのが望ましいタイミングと言えるでしょう。実際に就職を機にエステサロンやクリニックを利用するようになった女性はたくさんいます。

部位によってタイミングがある!脱毛初めの時期

大人が思う以上に、子供はムダ毛に敏感です。特に小学校高学年あたりから羞恥心が強くなり、脱毛したいと考え始めます。親にしても、ムダ毛がからかいの対象やいじめの原因にならないか気がかりかもしれません。

エステサロンやクリニックに行くほどでもないなら、親が正しい自己処理の方法を教えてあげましょう。間違ってしまうと肌が黒ずんだり、化膿してクレーター状の跡が残ったりする恐れがあるからです。処理後は必ず保湿すること、ニキビなどの肌トラブルがある時は脱毛しないなど、徹底させた方が良いでしょう。

子供は大人よりも皮膚が薄く痛みに敏感なので、カミソリは不向きです。毛抜きやワックスも勧められません。除毛クリームもかぶれてしまう可能性があります。電気シェーバーであれば、直接刃が当たらないので安心です。

一方で、自己処理すると却って体毛が濃くならないか心配です。確かに、あまり肌への刺激が強いと、体が保護しようとして濃くなるとも言われています。それを防ぐ上でも電気シェーバーは有効なのです。

ワキや脚などは、子供の頃から自己処理しても問題はなく、実際に多くの子供たちが脱毛しています。ただし性器周り(IラインやOライン)や乳房周りのように未発達な部位は避けた方が無難です。

子供・高齢者も実施できる脱毛はあるのか

一部のエステサロンでは「キッズ脱毛」と言って、7歳以上の女の子を対象に光脱毛を行っています。部位はIラインとOライン以外、どこでも可能というところもあります。同じ光脱毛でも、毛(毛乳頭)ではなく毛穴の発毛細胞に当てるので、低い温度で施術できます。これにより痛みや肌荒れのリスクを抑えられるのです。同時に美肌効果も期待できる機器もあります。

一方、多くのエステサロンやクリニックでは脱毛年齢の上限を設けていません。ただし高齢になるほど、受けられる施術が限られてきます。例えば、白髪になると光やレーザーが反応しないので、針(ニードル)脱毛しかできなくなります。痛みが強く時間がかかり、費用も高くなるのです。

さらに、閉経に伴ってホルモンバランスが変化するため、ムダ毛が濃くなったり、硬くなったりする場合もあります。更年期障害の治療で服薬中なら、副作用で光やレーザーを当てた時に、肌が過剰に反応するリスクもあります。加齢によって皮膚も薄くなり、抵抗力も落ちます。そう考えると、思い立ったタイミングですぐ脱毛した方が良さそうです。

年齢を理由に脱毛をはじめ、きれいになるのをあきらめてはいけません。身だしなみを整えてこそ老化防止にもつながることでしょう。

まとめ

まとめ エステサロンやクリニックの中には、早ければ7歳から脱毛を行うところがあります。上限はなく、本人が可能であれば、いくつになっても施術を受けられるのです。ただし、脱毛の効果やリスクを考えると、第二次性徴期も終わり、金銭的余裕も出てくる20代から脱毛するのが望ましいでしょう。逆に高齢になっても脱毛の効果は弱まり、リスクは大きくなります。
コラムTOPに戻る