ムダ毛の処理はとっても面倒くさい作業!でも女性にとっては身だしなみのうちの一つ…、
放置しておくわけにもいかないですよね~。
そんなアナタに嬉しいニュース!肌美人が教えてくれたお手頃な脱毛サロンをご紹介します★
気になるあの人と近づける季節が来る前に…、優良脱毛サロンであなたも今すぐすべすべの肌美人!!

脱毛人気サロン

脱毛前後の飲酒は大丈夫?脱毛と飲酒の関係

脱毛前後の飲酒は大丈夫?脱毛と飲酒の関係

お酒好きな女性にとって、脱毛中も普段どおりに飲んで問題ないのか気になるでしょう。うっかり施術前後に飲んでしまうこともありそうです。どんな影響があるのか、施術前と施術後に分けて見てみましょう。

脱毛とアルコールの関係性

アルコールの摂取が、直接脱毛の効果に影響するわけではありません。ただし、施術中のリスクが高まったり、発毛サイクルが乱れたりする可能性があります。

アルコールには血行を促す作用があります。当然、皮膚の毛細血管まで血の巡りが良くなり、普段よりも神経が過敏になったり、体温が上がったりします。つまり、ちょっとした刺激が強い痛みや傷になる恐れがあるのです。

言うまでもなく、脱毛のために光やレーザーを当てるのは、毛根や皮膚にダメージを与える行為です。アルコールのせいで痛みに耐えられなくなると、出力を弱くするか施術を中断しなければいけません。

継続的にアルコールを摂取するとホルモンバランスも崩れます。毛周期が乱れるだけでなく、女性ホルモンの減少でムダ毛が濃くなる場合もあるのです。これでは当初の脱毛計画から予定が狂って、想定以上に時間やお金がかかってしまいます。

もちろん、お酒の臭いを漂わせたまま施術を受けるのは、直にとがめられなくてもマナー違反です。まして二日酔いがひどくてキャンセルすると、せっかくの脱毛の機会を逃してしまいます。脱毛中は飲酒を控え、施術の直前には飲まないように気をつけましょう。

施術後でも油断禁物!飲酒による肌への影響

無事に施術が終わった後も、すぐに飲酒してはいけません。むしろ施術後の方が飲酒のリスクは大きいのです。

光やレーザーを受けた肌は、いつもより無防備なので水分が逃げやすくなります。そのため、サロンやクリニックでは施術後に十分に保湿して乾燥を防いでいます。けれども、アルコールには利尿作用があるので、内側から水分が不足していきます。これでは、どれだけ外側から保湿を行っても意味が無くなってしまいますよね。

また、肌が乾燥することでかゆみの原因になります。そこにアルコールの作用で血行が良くなると、さらにかゆみは強くなるのです。ただでさえ脱毛で傷ついた皮膚を掻いてしまうと、化膿する恐れがあります。アルコールには痛みを緩和する作用もあり、たとえ出血するほど掻いても気づきづらいので厄介です。睡眠中、無意識に掻いてしまうこともあるでしょう。

また血行が良くなると、光やレーザーでこもった熱や肌の赤みが強くなります。せっかく施術後にクールダウンしても無駄になってしまうのです。

うっかりお酒を飲んでしまった場合は、並行して多めに水分を摂り、なるべく早くアルコールを体外へ排出するように心がけます。同時に体内から潤して乾燥を解消しましょう。その時もお茶や糖分入りの飲み物ではなく、普通の水で補うのが理想です。

脱毛前後どれぐらいの期間を空ければ飲酒OK?

エステサロンやクリニックでは、施術を受ける前後の最低でも半日~1日は飲酒を控えるように注意を促しています。これが守られていないと施術が受けられないところもあります。

お酒が体から抜けるまでには個人差があり、量によっても変わります。目安としては、体重50㎏の方の場合、ビール1本または日本酒1合で4時間前後です。実際はもっと飲んだり、度数の強いお酒を飲むので、半日ほどかかるかもしれません。

できれば施術前は2日前から、施術後は肌の火照りや赤み、体の熱が収まるまで控えた方が良さそうです。1~3か月のうち数日ですから、お酒好きの方もその期間は避けるようにしましょう。

飲酒は自己処理にも影響があるの?

自分で脱毛する場合でも、アルコールによるリスクは同様です。ですが、サロンやクリニックなどによる制限がない分、飲酒を日ごろからされる方は、自己処理にて脱毛をされる方が多いでしょう。

ただし皮膚の血行が良くなっているので、毛抜きやワックスは痛みを強く感じ、カミソリはうっかり出血するリスクがあります。普段は平気な除毛クリームでかぶれたり、赤みを帯びたりする可能性もあるでしょう。自己処理をした後はしっかりと保湿し、かゆみや熱があるなら保冷材をあてがって十分に冷やします。

適度な飲酒はストレスを解消するなどメリットもありますが、肌にとってはあまり良くありません。例えば乾燥はかゆみだけでなくシワの原因にもなります。ハリが失われて弛む恐れもあります。脂っこいものを食べながら飲むことが多いので、ニキビにもなりやすいでしょう。普段から肌荒れしていると、自己処理の脱毛さえ困難になります。

肌のために断酒するのは酷ですし、付き合いで飲む場合もあるでしょう。お酒を飲む時はチェイサーを用意して水分を補い、ビタミンなど抗酸化作用のある栄養素を摂るように意識したいものです。早々に切り上げて、十分な睡眠をとるのも効果的です。アルコールによるダメージを防ぐためにも、その日の酔いは翌朝までに解消しましょう。

まとめ

まとめ このようにアルコールは肌を過敏にして乾燥させるので、脱毛で傷んだ肌に追い打ちをかけてしまいます。ホルモンバランスを乱して、効果が得られなくなる場合もあるのです。たかが飲酒と侮らず、エステサロンやクリニックから指示された期間は控えましょう。
コラムTOPに戻る