ムダ毛の処理はとっても面倒くさい作業!でも女性にとっては身だしなみのうちの一つ…、
放置しておくわけにもいかないですよね~。
そんなアナタに嬉しいニュース!肌美人が教えてくれたお手頃な脱毛サロンをご紹介します★
気になるあの人と近づける季節が来る前に…、優良脱毛サロンであなたも今すぐすべすべの肌美人!!

脱毛人気サロン

自宅でできる脱毛!手軽にムダ毛を処理する方法

自宅でできる脱毛!手軽にムダ毛を処理する方法

脱毛するなら、まず自宅で処理できる方法を考えるでしょう。誰にも気兼ねなく、自分の好きなタイミングで処理できるからです。ただし面倒だったり、効果が得られなかったりしたら、脱毛する意味がありません。どの方法が最適なのか一つずつ見ていきましょう。

自宅でできる脱毛方法の種類

・カミソリ
鋭い刃で、ムダ毛を剃る方法です。一般的なのはT字型であり、理髪店で使うようなL字型や眉毛用の細いタイプもあります。刃の枚数が多いほど、深く剃れます。

・シェーバー
モーターの力で刃を動かし、ムダ毛を剃る方法です。肌に直接刃が触れない構造になっています。高価なものほど動きが自由自在で、肌への密着度が高まる傾向にあります。

・除毛クリーム
タンパク質を分解する成分によって、ムダ毛を溶かします。代表的なのが「チオグリコール酸カルシウム」です。パーマ液に近い成分なので、同じような臭いがします。

・毛抜き
ムダ毛の先端を挟んで、根元から引き抜く方法です。毛抜きに特化したものから、ピンセットタイプまであります。

・脱毛ワックス
粘着性の高いワックスが塗られたシートを貼って、まとめてムダ毛を引き抜く方法です。ワックスは手作りでもできます。

・家庭用脱毛器
ムダ毛を引き抜くタイプ、熱線で焼き切るタイプ、光を当てるタイプなどがあります。光を当てるタイプはカートリッジが交換できるようになっており、美肌目的としても使えます。

各脱毛方法のメリット・デメリット

・カミソリ
扱いが簡単で、毛抜きなどに比べ一度に広範囲を処理できるのがメリットです。一方でムダ毛を剃ると同時に皮膚の角質も削ってしまうので、肌が弱いとヒリヒリしたり、赤みを帯びる場合もあります。処理後は保湿が欠かせません。また、処理できるのは表面に出ているムダ毛だけなので、剃り跡が目立ち、すぐに伸びてしまうのが大きなデメリットです。脱毛効果を維持するには頻繁に処理しなければいけません。刃のせいで毛先が尖り、伸びてくるとチクチクします。

・シェーバー
ムダ毛を剃るのはカミソリと一緒ですが、早く処理できて、肌に直接刃が触れないので安全です。子供でも扱えます。カミソリよりも初期費用や刃の交換費用はかかりますが、家庭用脱毛器に比べれば費用を押さえて脱毛することできます。それ以外のメリットやデメリットはカミソリと同じであり、処理後は保湿が欠かせません。長いムダ毛の処理が苦手なので、使用前にはハサミなどで短くカットする必要があります。

・除毛クリーム
一度に広範囲の処理ができて、塗った後は時間をおいて拭き取るだけの手軽さです。カミソリと同様、表面のムダ毛しか処理できませんが、毛先が尖らずチクチクしません。ただし、ムダ毛を溶かす成分は皮膚のタンパク質にも作用します。肌の弱い人には向いていません。顔や粘膜、性器周りは使えないなど部位も限られます。臭いも気になるところです。逆に剛毛過ぎても、完全に溶かしきれずに残る場合があります。再利用はできないので、長い目で見ると他の方法やエステサロン、クリニックを利用するよりも費用がかかります。

・毛抜き
根元から処理できるので、カミソリなど表面だけ除く方法よりは脱毛効果が長持ちします。処理後も黒いブツブツが気になりません。手触りもカミソリなどと比べるとツルツル感を感じられます。その代わり、ムダ毛を引き抜く時に毛穴へ強い力がかかるので、ニキビや毛嚢炎(ブドウ球菌による炎症)、埋没毛などのリスクがあります。他のどの方法よりも肌への負担は大きくなります。さらに1本ずつの処理になるため、腕や脚など広範囲の処理には向いていません。

・脱毛ワックス
原理は毛抜きと同じですが、一度に広範囲を処理できます。あらかじめワックスを塗られたシートが市販されていますが、砂糖やハチミツ、レモン汁などを煮詰めて、不織布に塗っても代用できます。ただし肌への負担は大きく、まとめて引き抜くので痛みは毛抜き以上に強くなります。

・家庭用脱毛器
毛抜きタイプは、挟みづらい細かい毛も簡単に処理できるのが魅力です。熱で焼き切るタイプは表面のムダ毛しか処理できませんが、カミソリのように毛先が尖らず、除毛クリームのように肌を溶かす心配はありません。光(フラッシュ)方式はエステサロンと同じ処理を自宅でできるのが魅力です。定期的に使用すれば減毛や脱毛を実感できるでしょう。ただし、いずれも機器が高価なのがデメリットです。さらに光方式はカートリッジの寿命があるので、ランニングコストもかかります。

すべての自己処理に共通するデメリット

どの方法でも自己処理は、部位によって手が届かず、目視での確認も難しいため、思ったような脱毛ができないデメリットがあります。例えば背中や襟足、Iライン、Oラインなどです。処理後の保湿や肌ケアも不十分な場合があります。いずれは新たな毛が生えるため、定期的な処理を続けなければいけないのも面倒です。

そう考えると、初めからエステサロンやクリニックで脱毛した方が、早く効果を実感できて長持ちできるでしょう。処理後の肌ケアも丁寧です。光やレーザーの熱で毛乳頭を破壊するため、ヤケドや腫れなどのリスクが生じることもゼロではありません。こういったトラブルを防ぐためにも、事前のカウンセリングで気になることは全て確認し、本当に信頼できるサロンなのかを見極めることが大切です。

もちろん費用はかかり、施術する部位数や内容によっては高額にもなりますが、自己処理のデメリットから解放される大きなメリットがあるのです。

まとめ

まとめ ムダ毛の自己処理は手軽で自宅でもできますが、効果が長持ちせず、常に肌トラブルのリスクと隣り合わせにあります。こうした自己処理のデメリットを解消するなら、エステサロンやクリニックで脱毛する方がお勧めです。まずは無料のカウンセリングを受けてみましょう。
コラムTOPに戻る