ムダ毛の処理はとっても面倒くさい作業!でも女性にとっては身だしなみのうちの一つ…、
放置しておくわけにもいかないですよね~。
そんなアナタに嬉しいニュース!肌美人が教えてくれたお手頃な脱毛サロンをご紹介します★
気になるあの人と近づける季節が来る前に…、優良脱毛サロンであなたも今すぐすべすべの肌美人!!

脱毛人気サロン

脱毛後の肌が荒れる?肌荒れの原因と対策

脱毛後の肌が荒れる?肌荒れの原因と対策

自分で脱毛すると、ヒリヒリしたり赤みを帯びたり、ニキビのようなブツブツができるなど、肌荒れを起こす場合があります。だからと言ってムダ毛処理をしないわけにはいきません。どうして肌荒れするのか、どうすれば防げるのか、原因と対策を見ていきましょう。

どうして肌が荒れるの?

脱毛は、どの方法でも肌荒れの原因になります。カミソリであれば角質を削り、細かい傷を残します。毛抜きやワックスは毛穴に強い負担がかかります。除毛クリームはムダ毛だけでなく肌へダメージを与えます。光を当てる家庭用脱毛器も毛根に熱を加えるので、決して肌荒れと無縁ではありません。

このような状態を放置すると、傷や広がった毛穴から雑菌が入り込んで、「毛嚢炎」などの炎症を引き起こす可能性があります。水分を保護する力が弱まり、乾燥の原因にもなります。肌を守ろうと角質が硬くなってゴワゴワする恐れもあるのです。

肌質には個人差があるので、誰もが必ずしも肌荒れを起こすとは限りません。皮膚が薄く、刺激に敏感で、使用できる化粧水やメイクが限られるなら要注意です。肌が強くても剛毛や多毛なら、脱毛時に大きな負担がかかります。肌が白いとちょっとした赤みでも目立つでしょう。

まずは、肌質に合っているか、負担をかけていないか、自分の脱毛を見直しましょう。正しいケアをすれば、肌荒れを軽減できます。

脱毛方法間違っている?誤った方法で起こる肌トラブル

カミソリを使う脱毛は、とても手軽で痛みも少なく、低コストです。自己処理の際にカミソリを使用している方が多い反面、それだけ誤った方法で剃っているケースが多いとも言えます。例えば、剃り残しや毛穴の黒い剃り跡が気になると、同じ箇所で何度もカミソリを動かしがちです。毛の流れに逆らって剃る場合もあるでしょう。これでは肌を傷めてしまいます。

基本的に同じ箇所でカミソリを動かすのは、多くても2回が限度です。脱毛前にムダ毛の流れを整えたり、タンパク質を溶かす酵素入りのローションを併用して毛を細くしたりすれば、1回で済むようになるでしょう。

カミソリを使う時は、ジェルやシェービングフォームなどの潤滑剤が欠かせません。温めて肌を緩めるのも、肌荒れを防ぐのに効果的です。それなら浴室で脱毛するのが最適だと考えがちですが、湿気が多いので雑菌が繁殖しやすく、脱毛で無防備になった肌には過酷な環境なのです。むしろ水で濡らさない方が望ましいでしょう。

カミソリは脱毛専用に用意して、湿気の無いところで保管します。切れ味が悪くなると、肌を傷める原因になるので、こまめに取り換えましょう。できれば毎回新しいカミソリを使うのが理想です。肌質は体調によっても変わります。特に生理前後は敏感になりやすいため、普段は平気な刺激でも肌荒れになる恐れがあります。そのような時期は脱毛を避けた方が無難です。

脱毛後も油断禁物!正しいケアとその理由

脱毛した直後の肌は、皮膚の角質が剥がれたり乱れたりするなどして、水分が逃げやすくなっています。乾燥すると外部からの刺激に弱くなるので、十分に保湿しましょう。フェイスケアと同じく、化粧水で水分を補ってから乳液やクリームなどの油分で蓋をします。

肌が荒れてしまったら、セルフケアよりも皮膚科で診察を受ける方が早く治ります。カミソリ負けとニキビでは対策法や効く薬も異なるので、誤ったケアをすると却って悪化させるのです。

同じカミソリでも電気シェーバーを使えば、先に伸びかけた毛をカットする手間はかかりますが、肌に直接刃が触れないので、肌荒れのリスクは低くなります。もちろん脱毛後は保湿ケアが必要です。カミソリ以外の毛抜きや除毛クリーム、ワックスなどの脱毛でも同じことが言えます。

特に肌の弱い方にオススメの脱毛とケア方法

カミソリ負けしやすいなど肌が弱い場合は、できるだけ刺激を与えない方法で脱毛します。浴室は避けて、室内で行いましょう。風呂上がりだけでなく、蒸しタオルでも肌を緩められます。濡らしたタオルを電子レンジで1分ほど加熱するだけです。

脱毛には必ず専用のジェルやシェービングフォームを使いましょう。保湿成分が肌を保護してくれます。逆に石鹸やボディーソープでは乾燥を招いてしまいます。脱毛後は洗い流すのではなく、タオルや柔らかいティッシュで拭き取ります。

保湿では、化粧水や乳液に含まれるパラベン、アルコールなどの添加物が刺激になる場合もあるので、これらを含んでいない敏感肌用を使う方が安心です。赤みが出た時は薬用ローションや軟膏で保護します。その後、肌を冷やすのも効果的です。

どうしても自分で脱毛すると肌荒れする、または自己処理が面倒だという方は、エステサロンやクリニックなど、プロに脱毛を依頼するようにしましょう。施術の前にはカウンセリングを行い、肌質を見ながら最適な脱毛方法を考えてくれます。もちろん、脱毛後の肌ケアも行ってくれますし、自宅でのケアに関してもアドバイスをくれます。光(フラッシュ)脱毛なら、肌の負担や痛みが少ないでしょう。

まとめ

まとめ どんな方法でも、脱毛は肌を傷めてしまいます。肌荒れを防ぐには、脱毛中の負担を抑え、終わった後の十分なケアが必要です。健やかな肌を保つためにも、やはりサロンなどの脱毛のプロへ依頼することがおすすめです。
コラムTOPに戻る