ムダ毛の処理はとっても面倒くさい作業!でも女性にとっては身だしなみのうちの一つ…、
放置しておくわけにもいかないですよね~。
そんなアナタに嬉しいニュース!肌美人が教えてくれたお手頃な脱毛サロンをご紹介します★
気になるあの人と近づける季節が来る前に…、優良脱毛サロンであなたも今すぐすべすべの肌美人!!

脱毛人気サロン

妊娠中の脱毛!影響と注意点について

妊娠中の脱毛!影響と注意点について

妊娠中は病院で肌を見せる機会が多いので、いつもと同じように脱毛したくなるかもしれません。一方で赤ちゃんに影響がないのか心配にもなります。実際に多くのエステサロンやクリニックでは、妊娠すると脱毛を断られてしまいます。妊娠中の脱毛にはどのようなリスクや注意点があるのか見ていきましょう。

胎児への影響は?脱毛を断られる3つの理由

妊娠中にお腹周りやVIO(ハイジニーナ)の脱毛をしても、光やレーザーは真皮までしか届かず、赤ちゃんがいる子宮との間には、さらに皮下脂肪や筋肉があります。性器から誤って照射されない限り、直接的な影響はありません。

けれども妊娠が発覚すると、以下の3つのリスクが伴うために施術できません。脱毛が終わっていなくても中断せざるを得ないのです。

・肌の調子が変化する
妊娠中は女性ホルモンのバランスが通常と異なります。そのため生理中と同様、肌が敏感になりやすいのです。普段どおりの施術をしても、かぶれなど思わぬ肌トラブルを招く恐れがあります。赤ちゃんへの影響を考えると、万が一の時に使える治療薬も限られるのです。

・発毛サイクルが乱れる
毛には「毛周期」というサイクルがあり、その中で活動期と休止期があります。このサイクルは毛によってバラバラです。光やレーザーを当てて効果があるのは、活動期の毛根だけです。

エステサロンやクリニックでは、施術を複数回に分けて、すべてのムダ毛を処理できるように工夫していますが、妊娠すると女性ホルモンの影響で発毛サイクルが乱れます。一時的にムダ毛の量が増えたり、逆に生えて来なくなったりするので、思うような効果が得られなくなるのです。Iラインのように妊娠で黒ずんで、施術そのものができない場合もあります。

・母体に負担がかかる
脱毛中の痛みやストレスは子宮を収縮させる原因になります。妊娠の時期によって流産や陣痛の恐れがあるのです。また、お腹が大きくなるほど姿勢も限られ、施術中に具合が悪くなることもあります。

このように十分な脱毛ができず、万が一の時も対処できないため、エステサロンやクリニックでは妊娠中の脱毛を断ることになります。

これに伴う注意点として、料金を安くするために数回分まとめてチケットを購入していると、施術期間が設けられていたり、中断することができない場合があります。妊娠が予想されるなら、延長や中断が可能なエステサロンやクリニックを選ぶと良いでしょう。詳細の分からない方は、カウンセリング時にそういった契約内容もしっかり確認する必要があります。

産後いつから脱毛できるのか

無事に出産が終わり、妊娠中のリスクが無くなったとしても、すぐに脱毛を再開できるわけではありません。産後もしばらくはホルモンバランスが不安定です。引き続き発毛サイクルが乱れたり、肌トラブルを起こしたりする恐れがあります。エステサロンによっては、生理が2回以上あったら脱毛を再開できるなど、目安を設定しているところもあります。

赤ちゃんに母乳を与えていれば、脱毛で使用する薬剤や麻酔の影響も気になるところです。授乳中の脱毛をすべて断るエステサロンやクリニックもあれば、乳房から遠い部位なら施術できる場合もあります。いずれにしても胸やワキの脱毛はしばらく我慢しなければいけません。

最近では託児所のあるエステサロンも増えているので、可能な範囲で脱毛すると気分転換になります。ただし育児で生活が不規則になりがちなので、肌のコンディションには十分に注意しましょう。

自宅でできる?簡単なムダ毛処理

たとえ妊娠でエステサロンやクリニックでの脱毛ができなくても、ムダ毛は生え続けます。特に妊娠中はホルモンバランスの変化で、一時的に産毛が増えたり、ムダ毛が濃くなったりする場合があります(その逆もあります)。まったく脱毛しないのもストレスになり、衛生的にも良くありません。

その場合、自己処理で脱毛する方もいらっしゃいますが、最も適しているのは電気シェーバーです。刃が直接肌に触れないので、普通のカミソリよりも安全です。事前に蒸しタオルで肌を緩めたり、シェービングフォームやジェルを塗ったりしなくても使えます。脱毛後は低刺激で、植物由来の天然成分で作られた化粧水やクリーム、オイルで保湿しましょう。

毛抜きやワックスは肌荒れしやすく、痛みで子宮が収縮する恐れがあります。除毛クリームは薬剤によるかぶれや胎児への影響が気になるところです。光(フラッシュ)方式の家庭用脱毛器にも両方のリスクがあります。いずれも妊娠中は避けた方が無難です。

脱毛の前には産婦人科で相談すると安心です。注意点としては、脱毛中に異常が見られたら、自分で対処しようとはせず、すぐに皮膚科など病院で診てもらいましょう。

まとめ

まとめ このように妊娠中は、普段と体調が異なるため、ささいなことでも大きなリスクになる場合があります。脱毛を優先して後悔するのは避けたいものです。エステサロンやクリニックでの脱毛はできませんが、電気シェーバーを使った自己処理はできます。まずは無事に出産を迎えて、再び自由に脱毛できる時を待ちましょう。不安があれば一人で抱え込まず、専門家に相談するのが一番です。
コラムTOPに戻る