ムダ毛の処理はとっても面倒くさい作業!でも女性にとっては身だしなみのうちの一つ…、
放置しておくわけにもいかないですよね~。
そんなアナタに嬉しいニュース!肌美人が教えてくれたお手頃な脱毛サロンをご紹介します★
気になるあの人と近づける季節が来る前に…、優良脱毛サロンであなたも今すぐすべすべの肌美人!!

脱毛人気サロン

脱毛すると毛穴が消える?正しいケアのポイント

脱毛すると毛穴が消える?正しいケアのポイント

脱毛をすると、ムダ毛の処理から解放されるだけでなく、「毛穴が消える」と聞いたことがありませんか。実際にエステサロンやクリニックで受けられる脱毛の中には、美肌効果を謳ったものもあります。実際のところはどうなのか、確認してみましょう。

「脱毛=毛穴が無くなる!」は間違っていた!?

結論から言うと、脱毛したから毛穴が消えるということはありません。脱毛はムダ毛を生えなくする行為であり、たとえムダ毛が生えなくなっても毛穴自体は残るからです。毛穴には毛を生やす以外にも、皮脂の分泌や老廃物の排出、体温の調整など重要な役割があります。

では、なぜ脱毛すると毛穴が無くなったように思えるのでしょうか。一つはムダ毛の黒色が無くなるため、毛穴自体が目立たなくなる。もう一つは日常の自己処理が無くなることで肌への負担が減り、本来のきめ細やかさを取り戻すからです。

ただ、自己処理でよく使用されるカミソリの刃はムダ毛を剃るだけでなく、皮膚の角質層を削ります。また、毛抜きやワックスを使うと毛穴に力がかかります。保湿機能が失われた肌は乾燥し、きめが乱れて弛みやすくなります。自己防衛のために皮脂が過剰に分泌されると、毛穴が詰まりやすくなり、表面が広がって黒ずみます。

たとえ自己処理をしなくなっても、日頃のスキンケアが不十分で、不規則な生活を続けていれば、引き続き肌は荒れて毛穴も広がったままです。あくまでも脱毛は毛穴を目立たなくするきっかけに過ぎないのです。

エステサロンの光(フラッシュ)脱毛や、クリニックのレーザー脱毛を受けた直後も、自己処理と比べれば低刺激ではありますが、多少なりとも肌へダメージを与えているので、毛穴は広がった状態になります。それをプロならではのクールダウンやスキンケアによって引き締めているのです。

低刺激の脱毛は毛穴にどう影響するのか

光を使った脱毛の中には、低刺激でありながら同時に美肌効果があると謳っているものがあります。なぜ光に美肌効果もあるのでしょうか。

ここでいう光の正体は「IPL(インテンス・パルス・ライト)」のことです。波長を切り替えて、脱毛だけでなく、様々な肌の症状に働きかけます。例えばメラニンの生成を止めてシミや色素沈着を解消したり、血管を収縮して赤みを解消したり、肌細胞を刺激してコラーゲンの生成を促したりします。ただし直接的に毛穴を消す効果はありません。

IPLは肌トラブルを解消するきっかけに過ぎず、本当に美肌になれるかは自身の肌再生能力にかかっています。もちろん、プロのエステティシャンや医師が全力でサポートしてくれるでしょう。もし肌のターンオーバーが順調に行われ、新しい皮膚に生まれ変わって保湿能力が復活すれば、肌のきめやハリが整い、ようやく毛穴も小さくなるのです。

自身のケアも大切!誤ったケア方法の確認

毛穴を目立たなくするには、何よりも日頃のスキンケアが大事です。けれども誤った方法を正しいと思い込み続けると、逆に広がってしまいます。

ムダ毛を自己処理する時は、毛抜きやワックスのように毛穴へ大きな負担がかかる方法は避けましょう。確かに根元から抜くので、脱毛効果は他の方法より長持ちしますが、それで毛穴が広がっては毛が伸びた時に却って目立ってしまいます。

剃るなら、刃が肌に直接触れない電気シェーバーが安全です。ただし、処理後は必ず保湿しましょう。ローションだけでなく、オイルやクリームも使って水分が逃げないように蓋をします。処理前にも肌を温めて毛穴を緩め、保湿成分を含んだジェルやシェービングフォームを塗っておくと、剃る時の負担を抑えられます。

普段の毛穴の汚れは、できるだけ洗顔で落とすようにします。クレンジングは肌を傷つけ、オイルでも肌の水分を奪いやすく、メイクを落とそうとする指の力やコットンの摩擦が刺激になる場合もあります。スクラブやピーリングは毛穴の黒ずみに効果的ですが、肌への負担が大きいので、あくまでも最後の手段として使いましょう。多くても月1回が限度です。

日常生活においては、運動や入浴などの汗をかく行為が毛穴を広げてしまいます。特に夏場は体温を下げるために、その機会も多くなります。もちろん、それ自体は悪いことではありませんが、いつまでも広がったままでいると、皮脂や古い角質、雑菌が入り込みやすくなります。

冷やすのはもちろん、収れん性がある化粧水を使うと即効性があります。ただしアルコールが皮脂を溶かし、有効成分が皮膚を刺激するので、肌が弱い人はパッチテストを行うなど、目立たないところで試してから使いましょう。

人間は本来、外的環境によって毛穴を自由自在に開閉できる能力を持っています。けれども、運動不足やエアコンの影響で体温を調節する機会が減ると、使われずに衰えてしまいます。規則正しい生活や適度な運動で代謝が高まれば、毛穴の開閉能力も復活するでしょう。

まとめ

まとめ 脱毛自体に毛穴を消す効果はありませんが、ムダ毛がなくなって自己処理が不要になるため、その結果として毛穴が目立たなくなります。そこに至るまでは肌の再生能力を高めるためのスキンケアや規則正しい生活が必要です。自己処理では限界があるため、やはり肌への影響を考えると脱毛サロンなどで施術を実施し、正しく肌をケアしましょう。
コラムTOPに戻る