ムダ毛の処理はとっても面倒くさい作業!でも女性にとっては身だしなみのうちの一つ…、
放置しておくわけにもいかないですよね~。
そんなアナタに嬉しいニュース!肌美人が教えてくれたお手頃な脱毛サロンをご紹介します★
気になるあの人と近づける季節が来る前に…、優良脱毛サロンであなたも今すぐすべすべの肌美人!!

脱毛人気サロン

脱毛の種類別の方法とは?

脱毛の種類別の方法とは?

一口に「脱毛」と言っても、その種類や方法は様々です。どれが優れているかは、その人のニーズや脱毛にかけられる時間、費用、肌への負担などによって異なります。自分に合った方法を選んで、満足できる脱毛をしましょう。

自己処理の場合

自分で脱毛するのは時間の制約がなく、気が向いた時にすぐできるのが魅力です。わざわざ外出する必要もありません。一方で皮膚を傷める恐れがあり、衛生管理にも不安があります。正しい脱毛方法を覚え、処理後はしっかり保湿するなど肌ケアをしましょう。

・カミソリ
カミソリは一度に広範囲を処理できるので、短時間で脱毛が完了します。一方でムダ毛と一緒に皮膚の角質層も削るため、出血やヒリヒリするリスクがあります。電気シェーバーを使った方が安全です。脱毛できるのは表面だけなので効果は短く、頻繁に処理しなければいけません。先端が尖るので伸びるとチクチクするのもデメリットです。

・毛抜き
毛を抜くのは、毛抜きやピンセットがあればすぐできます。根元から抜くので、カミソリよりも脱毛効果が長いのがメリットです。ただし、毛抜きは毛穴に強い力がかかるので、雑菌が入り込んで化膿したり、毛が埋没したりする恐れがあります。1本ずつ抜かなければいけないので、広範囲の脱毛には向いていません。

・除毛クリーム
除毛クリームは、薬剤がタンパク質に作用してムダ毛を溶かしてくれます。塗って時間が経ったら拭き取るか、洗い流すだけという手軽さです。処理できるのは表面だけなので、効果はカミソリと同じ程度ですが、先端が尖らないので伸びてもチクチクしません。薬剤は皮膚のタンパク質にも反応するので、肌が弱い人は要注意です。

・脱毛ワックス
脱毛ワックスは、粘着性のあるワックスが塗られたシートを脱毛したい部位に貼り、ムダ毛を絡めてはがす方法です。市販されていますが、ハチミツや砂糖で手作りしたワックスを不織布に塗っても代用できます。一度に広範囲の毛穴に負担がかかるので、毛抜きよりも痛みが強く、化膿や埋没毛のリスクも高くなります。

・家庭用脱毛器
ムダ毛を引き抜いたり、焼き切ったりするタイプもありますが、最近は「フラッシュ式」と言って、光で脱毛する機器が人気です。脱毛範囲や回数も自身でコントロールできるメリットはありますが、機器の値段が高く、カートリッジにも寿命があるため、定期購入などに出費がかかります。

サロンやクリニックの場合

エステサロンやクリニックなどプロに脱毛してもらうと、自分では手が届きづらい部位まで確実に処理してくれます。施術後の肌ケアも万全です。効果が長続きするので、ムダ毛の悩みから解放されます。その代わり費用が高く、自身が納得する効果を実感できるまでは何回も通わなければいけません。プロの脱毛は毛根に強い熱を加えるため、多少の痛みも伴います。事前にカウンセリングを行い、信頼できるエステサロンやクリニックで施術を受けたいものです。

・光脱毛
黒い色に反応する光を当て、その熱で毛根を破壊する方法です。使う光の種類によって、「IPL」や「SSC」などがあります。レーザーよりも出力は抑えられているので痛みは少なく、肌への負担も抑えられます。1回あたりの料金が数千円と安いのも魅力です。ほとんどのエステサロンがこの方法を採用しています。

逆に脱毛効果が現れるまでは、何度も施術を受けなければいけません。総費用はレーザー脱毛と変わらない場合もあります。永久脱毛ではないので再び生えてきますが、発毛力を弱めてくれるので、施術前よりも毛は細くなります。

・レーザー脱毛
レーザー脱毛の原理は光と同じですが、エネルギーを一点に集中できるので、毛根の破壊力が高いのが特徴です。アレキサンドライトなど医療用のレーザーを使用します。医療行為に当たるため、使用できるのはクリニックなどの医療機関に限られます。その分、効果は「永久脱毛」を謳えるほど強力です。

1回あたりの料金は1万円以上と高めです。その代わり少ない回数で効果を実感できるので、総費用を抑えられる可能性があります。光脱毛よりも痛みが強く、ヤケドに似た炎症を起こすリスクもありますが、麻酔が使えるクリニックもあり、万が一の時もすぐに治療ができるので、そこまで不安にならなくても大丈夫でしょう。

・針脱毛
ニードル脱毛とも言います。かつては脱毛方法の主流でした。毛穴に針を刺し、電気を流して毛根を破壊する方法です。1本ずつ処理するので手間や時間がかかり、費用も本数や施術時間で換算するので、光やレーザーより高くなります。脱毛時の痛みは強く、施術者の技術力が低いとヤケドや炎症などの肌トラブルを起こす場合もあります。

ただし、レーザーや光では脱毛できない白髪や薄い色のムダ毛でも処理が可能で、日焼けや黒ずみがあっても施術できるのが強みです。脱毛の量や範囲を細かく調整できるので、粘膜や急所との境目まで処理できます。

まとめ

まとめ このように脱毛の種類や方法はたくさんありますが、お金をかけたくないなら自己処理、手間から解放されたいのであればプロに頼むのが最適です。また、プロと言っても使用している機器や方法も異なります。手頃に始めることを希望されるのであれば、数回から行える脱毛サロンのセットプランなどを利用してみると良いでしょう。
コラムTOPに戻る