ムダ毛の処理はとっても面倒くさい作業!でも女性にとっては身だしなみのうちの一つ…、
放置しておくわけにもいかないですよね~。
そんなアナタに嬉しいニュース!肌美人が教えてくれたお手頃な脱毛サロンをご紹介します★
気になるあの人と近づける季節が来る前に…、優良脱毛サロンであなたも今すぐすべすべの肌美人!!

脱毛人気サロン

専門用語集

脱毛に関するホームページや、ランキング上位サイトの口コミ等でも頻出する専門用語を集めました。予備知識として、どうぞご活用ください。

ハイジニーナ

V・I・Oラインなど、いわゆるデリケートゾーンと呼ばれる部位のムダ毛処理を済ませた女性の事を呼びます。
“衛生的”という意味の、hygine(ハイジーン)が由来となっています。

V・I・Oラインについては「脱毛するのはちょっとハズカシイ…」という口コミも見かけますが、自己処理が難しい部位の為、実は人気の高い部位です。

埋没毛

毛抜きでの脱毛によく起こりうる現象です。
毛を抜くことにより、毛穴が傷になり、傷をかさぶたのように皮膚が覆うことで、皮膚の中で毛が成長し、毛が埋まってしまうことを指します。
埋もれ毛とも言われ、ワキなどの黒ずみの原因にもなります。

アポクリン線

独特の臭いを放つ「ワキガ」の原因となる汗腺で、ワキの下の皮膚の中に多く存在します。
アポクリン腺から出た汗が、ワキの下の毛などに付着する雑菌と混ざることで臭いが生じてしまう為、脱毛によって毛を減らすことにより、ある程度の軽減はできると考えられます。(個人差はあります)

自己処理

サロンなどに通わず、自分で脱毛の処理を行うことです。
主にカミソリや毛抜き、脱毛クリームなどでの方法がありますが、肌への大きな負担になる、鳥肌になってしまうなど、多くのデメリットがあるため、当サイトではサロン脱毛を推奨しています。

ニードル脱毛

毛穴に針を差し込み、針に電流を流すことにより毛根を刺激することで、細胞を死滅させる脱毛方法です。
15年ほど前は主流の脱毛方法でしたが、最近では光やレーザー脱毛などの方が主流となっています。
施術の際にかなりの痛みを伴い、なおかつ高額な脱毛方法です。
現在のところ、「永久脱毛」と呼ばれる脱毛方法はこのニードル脱毛だけと言われています。

レーザー脱毛

レーザーを当てることにより、脱毛を行う方法です。
レーザーは光脱毛と同様に毛のメラニン(黒色)に反応します。強いパワーで照射するため、ある程度の痛みがあり、医療機関でのみ施術可能です。
比較的少ない施術回数で脱毛することができます。

医療機関で行うレーザー脱毛と、サロンで行う光脱毛は出力パワーが違い、レーザーは光に比べ高額です。

光脱毛

フラッシュ脱毛とも呼ばれ、脱毛する部分に光を瞬間的に当てることで脱毛を行う方法です。レーザーと同様に毛のメラニン(黒色)に反応します。
比較的新しい方法で、レーザー脱毛より安価なのが特徴で、一度に多くの毛を処理でき肌トラブルも少ないため、人気の脱毛方法です。

十分な効果を実感するまでに4回~10回の施術を受ける必要があります。(個人差があります)